もっと良く知る資産運用

資産運用といっても様々です。資産の現金化を考慮し、リスクの程度を判断した上で、運用の仕方を決めましょう。

MENU
もっと良く知る資産運用

資産運用のリスクについて

資産運用については、証券取引や債券取引、FX、不動産取引などさまざまな運用方法があります。ここで注意しておかなければならないのは、資産をどのように保管するかです。
これは資産の現金化を考えるべきでしょう。例えば、ある期日までに現金を使いたいとします。預貯金の場合、そのほとんどが自分の使用したいときに現金を取り出せます。しかし、不動産ならどうでしょう?売却したくてもすぐに売却できる保証はありません。つまり現金を使用したくても資産が不動産の場合好きなときに現金化できるわけではないのです。

そこで、現金化できる資産として株式や債券、FXなどがあげられますが、ポイントとなるのは預貯金よりもハイリターンではあるものの、元本割れをする恐れもあるということです。
つまり変動リスクをうまく回避しなければ、現金化したときに予定よりい金額が少なくなったということもありますので、注意しましょう。請け負えるリスクの程度によって株式や債券取引を選択するか、FX取引を選択するかなど決めましょう。リスクはあるといっても現在のような低金利時代において、やはりリスクをとってでも資産運用は考えたほうがいい場合もありますので、じっくりと検討しましょう。

近頃良く聞く資産運用は、深く知るならココがおすすめですよ。。

Copyright 2014 もっと良く知る資産運用 All Rights Reserved.